プレスリリースRSS

2020年4月28日
関西電力株式会社

指名委員会等設置会社への移行と本店組織の一部改正について

 当社は、本日開催の取締役会において、監査役会設置会社から指名委員会等設置会社へ移行する方針を決定し、そのために必要な定款の一部変更を本年6月25日開催予定の第96回定時株主総会に付議することとしました。

 当社は、先般、策定した業務改善計画に基づき、再発防止や必要な改革に取り組むこととしており、その一環として、外部の客観的な視点を重視した実効的なガバナンス体制の構築に向けて、経営の執行と監督を明確に分離し、取締役会の監督機能を強化するため、株主総会における承認を前提に、指名委員会等設置会社に移行するものです。

 「指名委員会」、「報酬委員会」および「監査委員会」の法定3委員会は、各委員長に加えて、過半数の委員を社外取締役で構成し、外部の客観的な視点を取り入れます。

 「指名委員会」は、取締役の選解任を決定する他、役員の人事処分や役員退任後の嘱託等の委嘱要否等を審議します。

 「報酬委員会」は、取締役や執行役の報酬を決定する他、役員の人事処分や役員退任後の嘱託等の報酬等を審議します。

 「監査委員会」は、取締役や執行役の職務執行の監査を行い、取締役会に報告します。

 また、取締役会は、取締役会長を社外取締役とするとともに、取締役の過半数を社外取締役で構成します。なお、社外取締役をサポートしながら、取締役会、指名委員会、報酬委員会の運営を行う組織として、新たに「取締役会室」を6月末目途で設置します。

 当社は、こうした取組みを通じて、経営の改革・刷新に取り組みながら、信頼回復に全社一丸となって全力を尽くしてまいります。

以 上

検索ワード