プレスリリースRSS

2020年1月23日
関西電力株式会社

「取締役に対する責任追及訴訟提起請求書」に対する回答の送付について

 2019年11月28日付「株主からの提訴請求について」でお知らせしておりますとおり、当社監査役は、当社の個人株主5名から、当社取締役および元取締役5名(以下、「本件取締役ら」という)に対する責任追及の訴えを求める書面(以下、「本件提訴請求」という)を受領いたしました。

 当社は、2019年10月9日付「第三者委員会の設置について」で公表しておりますとおり、当社の役員等が社外の関係者から金品を受け取っていた問題について、会社から独立した中立・公正な社外委員のみで構成される第三者委員会(以下、「第三者委員会」という)を設置しました。現在も引き続き、当該第三者委員会の調査が継続中であります。
 当社監査役は、本件提訴請求に関し、外部の独立した弁護士の助言を受けながら、第三者委員会の調査に影響を与えることのないように、可能な範囲で調査・検討を進めてまいりましたが、これまでの調査・検討の結果、現時点では、本件取締役らに対して任務懈怠に基づく責任追及の訴えを直ちに提起すべきであるとの判断には至っておりません。
 したがって、現時点では、本件取締役らに対する責任追及の訴えは、提起しないものといたします。
 現在、第三者委員会の調査が継続中である事情を踏まえ、当社監査役としては、今後、同委員会の調査報告書が当社に提出された段階でこれを精査し、外部の独立した弁護士の助言も得ながら、最終的な判断をすることとしております。

 以上の内容につき、当該株主らの代理人に通知しており、その旨、当社監査役から代表取締役社長に通知がありましたので、お知らせいたします。

以 上

検索ワード