プレスリリースRSS

2019年11月29日
関西電力株式会社

大阪府河内長野市(かわちながのし)南花台(なんかだい)地区におけるAIを活用したグリーンスローモビリティの運行実証の開始について

 当社は、大阪府、河内長野市、河内長野市社会福祉協議会、南花台自治協議会、関西大学、株式会社コノミヤ、株式会社NTTドコモとともに、AIを活用したグリーンスローモビリティ※1のオンデマンド運行実証※2を2019年12月9日から開始します。

 本実証は、環境省が実施する「IoT技術等を活用したグリーンスローモビリティの効果的導入実証事業」の採択を受け、河内長野市南花台地区における自動運転技術やオンデマンド運行システム等を活用したグリーンスローモビリティの社会実装に向け、国、民間事業者、地域住民の方等と一体となって取り組むものです。

 当社は、グリーンスローモビリティ導入によるCO削減効果を調査・検証するほか、住民の皆さまの環境意識向上と環境行動促進に繋がる各種施策を実施します。さらに、南花台内にある300本を超える当社電柱をグリーンスローモビリティの乗降ポイントとして活用することで、住民の皆さまの利便性向上に貢献します。

 当社グループは、中期経営計画(2019-21)において、社会課題解決に向けた、エネルギー分野での新たなチャレンジの切り口の一つとして「Mobility」を掲げ、“eモビリティ”ビジョンを策定しており、将来的には自動運転を見据えて、本事業に参画することでモビリティに関する新たな知見を獲得し、社会に貢献していきたいと考えています。

 当社グループは、引き続き、様々な社会課題の解決に向けて、新たな価値創造に取り組みながら、グループの収益増加にもつなげてまいります。

以 上

  • ※1:環境への負荷が少なく、狭い路地も通行可能で、高齢者の足の確保や観光客の周遊に資する新たなモビリティ。
  • ※2:利用者の要求に応じてモビリティを運行するもの。