プレスリリースRSS

2019年9月26日
関西電力株式会社

美浜発電所、高浜発電所および大飯発電所の降下火砕物の層厚評価の見直しに係る原子炉設置変更許可申請について

 当社は、2019年6月19日に、原子力規制委員会からの措置命令※1を受け、美浜発電所3号機、高浜発電所1~4号機および大飯発電所3、4号機における大山火山の噴火に伴う降下火砕物※2の層厚評価を見直し、本日、原子力規制委員会に対し、原子炉設置変更許可申請を行いました。
 なお、本変更手続きに伴う設備の設計変更や改造工事等はありません。

 当社は今後、原子力規制委員会の審査に真摯かつ的確、迅速に対応します。

  • ※1:大山火山の大山生竹テフラの噴出規模の見直しに係る原子炉等規制法第43条の3の23第1項の規定に基づく命令(令和元年6月19日)
    平成31年度第4回原子力規制委員会(2019.4.17)において新たに認定した事実(噴出規模は11km程度と見込まれること等)を前提として、2019年12月27日までに原子炉設置変更許可申請を行うこと
  • ※2:火山が噴火した際に噴出する火山灰や火砕流等

以 上

検索ワード