プレスリリースRSS

2019年9月12日
関西電力株式会社
株式会社エコム
株式会社オプテージ

IoTを活用した「工業炉最適運用サービス」のサービス提供について

 関西電力株式会社(以下、関西電力)、株式会社エコム(以下、エコム)、株式会社オプテージ(以下、オプテージ)は、お客さまの工業炉※1の予防保全と省エネルギー化を目的とし、IoTを活用した見える化によりサポートする、「工業炉最適運用サービス(以下、本サービス)」を共同開発し、2019年10月1日より本サービスの申込み受付を開始いたします。

 関西電力は、これまで、ひとりでも多くのお客さまに、「関電ガス」をお選びいただけるよう、様々な取組みを展開していますが、現在、工業炉を設置されている、もしくは、今後、設置を検討されているお客さまに本サービスをご提案し、関電ガスの販売拡大にも繋げていきたいと考えています。

 また、本サービスの提供に必要な機器の設置やメンテナンスについては、国内外で工業炉の販売・保守で実績のあるエコムが実施し、工業炉の最適運用コンサルとチューニングについては、エネルギーコンサルで実績のある関西電力がエコムと共同で実施します。
 オプテージは、IoTを活用した工業炉の見える化システムの開発および見える化システムのIoTプラットフォームを提供します。

 3社は、本サービスをより多くのお客さまにお選びいただけるよう、今後もサービス内容の充実を図ってまいります。

<「工業炉最適運用サービス」の概要>
  • ・本サービスは、お客さまの工業炉にIoTセンサーを設置し、工業炉内を「見える化」することで、タブレット等で遠隔監視が可能となることに加え、測定したデータを基に、定期的な最適運用コンサルやチューニングを実施することで、予防保全と省エネルギー化が図れます。本サービスの開始にあたっては「カルテ※2」を作成することで、炉の基礎情報となる健全性を把握し、最適運用コンサルと計画的な設備改修をご提案いたします。
  • ・また、オプションメニューとして、国内で同様のサービスでは初となる「ウェアラブルカメラを活用した遠隔保守支援サービス※3」に加え、定期保守点検サービスをご用意しております。
※1:【工業炉】
ガスバーナーなどの熱源を使用し製品に熱を加え乾燥、溶解などの熱処理を行う設備をいう。
※2:【カルテ】
人の健康診断と同様に工業炉のシステムから稼働状況、運用方法に至るまで、実際の状況を把握し基礎情報を集めることで設備の健全性を評価するもの。
※3:【遠隔保守支援サービス】
炉にトラブルが発生した際に、エコムからお客さまへご提供しているウェアラブルカメラを装着していただき、エコムが遠隔でお客さまをサポートすることにより、初動対応にかかる時間の短縮化とトラブルによる生産への影響を低減するための支援サービスをいう。

以 上

検索ワード