プレスリリースRSS

2019年9月10日
関西電力株式会社
合同会社K4 Ventures

Global Catalyst Partners Japan (グローバル・カタリスト・パートナーズ・ジャパン)が組成したベンチャーキャピタルファンドへの出資について

 合同会社K4 Ventures(以下、K4V)はこのたび、関西電力グループ(以下、当社グループ)のさらなる成長を目的として、「Global Catalyst Partners Japan」(以下、GCPJ)が組成したベンチャーキャピタルファンド「Global Catalyst Partners Japan 2号ファンド」(以下、GCPJ2号ファンド)へ出資することとしました。GCPJは、米国サンフランシスコ(シリコンバレー)と東京の2拠点で投資を行う独立系ベンチャーキャピタルで、IT分野をメインとして、シード(起業初期段階)からレイター(上場等を視野に入れている段階)まで、幅広いステージのベンチャーに投資を行っています。

 当社グループは、革新的な技術やビジネスモデルを有するベンチャー企業との連携を強化するため、子会社であるK4Vを投資主体とするベンチャー投資の仕組みを整備しており、今回の出資は、12件目のベンチャー投資で、間接投資としては3件目となります。

 当社は、新たな領域への拡大・挑戦を掲げている中、今回の出資を通じて、「GCPJ2号ファンド」が接点を持つ、新たな技術やビジネスモデルを保有するベンチャー企業との連携・協働を強化するとともに、Structured Spin-in(SSI)という投資モデルを活用し、SSIベンチャー企業を設立することで、新規事業の創出を加速していきたいと考えています。

 当社グループは、7月1日に設立したイノベーションラボを核にイノベーションをさらに加速して新たな事業・サービスを創出し、お客さまや社会の幅広い課題の解決に貢献してまいります。

  • ※新規事業の創出を目的に、GCPJ100%出資のベンチャー企業として、スピード感を持って一から事業アイデアの検討を行い、事業化した上で、その後の発展可能性を見極めてから、当社に取り込むかの判断ができる仕組み

以 上

検索ワード