プレスリリースRSS

2019年5月31日
関西電力株式会社

2019年度バーチャルパワープラント構築実証事業への参画について

 当社は、経済産業省資源エネルギー庁の補助事業である「平成31年度需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント(以下、VPP)構築実証事業費補助金※1」に申請し、2019年5月30日、補助金の執行団体である一般社団法人環境共創イニシアチブから採択決定と補助金交付決定の通知を受けました。

 本実証事業は、IoT技術を活用し、電力系統に点在するお客さまの機器を一括制御することにより、お客さま設備から供出いただいた需給調整力を有効活用し、あたかも一つの発電所(仮想発電所)のように機能させる仕組みの構築を目指すものです。

 当社は、本実証事業に2016年度から参画しており、これまでに、リソース応答までの時間が分単位の制御では、リソースアグリゲーターが様々なエネルギーリソースを需給調整力として活用するために必要なシステムを開発し、フィードバック制御を加えるなど実フィールドで高度な制御ができることを確認しました。
 また秒単位の制御では、周波数を一定に保つ調整力として蓄電池を活用するために、約1万台規模で群制御するシステムを構築しました。

 2019年度は、前年度までに構築したシステムのさらなる高度化や多様なリソースへ対応し得るよう、初めてVPP構築実証事業において電気バス(扇沢-黒部ダム間を走行する関電トンネル電気バス※2)をリソースとして導入し、VPPの事業化を見据えた実証に取り組んでまいります。

 当社は、本実証事業を通じて、リソースを統合的に制御するために必要なシステムの構築や、各リソースの特性に応じた制御技術の確立による新たなエネルギーマネジメントの実現、それによるエネルギー利用の最適化や再生可能エネルギーのさらなる導入拡大を目指し、低炭素社会の実現に貢献してまいります。

以 上

  • ※1:経済産業省が、VPPの構築に係る実証事業を行う経費に対して、当該費の一部を助成するもの。
  • ※2:当社は、関電トンネルにおいてトロリーバス事業を行ってまいりましたが、環境性と経済性等も踏まえ、2019年4月の営業開始以降にトロリーバスを関電トンネル電気バスに変更しています。
検索ワード