プレスリリースRSS

2019年5月23日
関西電力株式会社
合同会社K4 Ventures

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社との資本業務提携について

 合同会社K4 Ventures(以下、K4V)はこのたび、関西電力グループ(以下、当社グループ)のさらなる成長を目的として、独自の波動制御技術※1を核に空間のデジタル化を推進する研究開発型ベンチャー「ピクシーダストテクノロジーズ株式会社(代表取締役CEO:落合陽一)」(以下、PDT)が行う第三者割当増資に応じるとともに、関西電力株式会社・K4VならびにPDTの三者は、新サービス開発等に関する業務提携について合意しました。

 当社グループは、革新的な技術やビジネスモデルを有するベンチャー企業との連携を強化するため、子会社であるK4Vを投資主体とするベンチャー投資の仕組みを整備しており、今回の出資は、9件目のベンチャー投資で、直接投資としては7件目となります。

 PDTは、自社が保有する波動制御技術と、企業が持つ活用ニーズや課題を掛け合わせることにより、視・聴・触覚に訴える製品・サービスの開発に取り組んでいます。現在、開発中の製品には、特定の人の耳元など空間の任意の位置に音を届ける焦点スピーカーや、遠隔操作や前方の車いすを認識して自動追従することが可能な電動車いす等があり、エンターテインメント性の高い領域から社会課題に関する領域まで、幅広い分野での実装を目指しています。

 今後、当社グループは、PDTとの連携を図り、「関西電力グループ中期経営計画」に掲げた、デジタルトランスフォーメーションの推進や、新たな領域※2における事業化に取り組んでまいります。

 当社グループは、イノベーションをさらに加速して新たな事業・サービスを創出し、お客さまや社会の幅広い課題の解決に貢献してまいります。

以 上

  • ※1:音・光・電磁波等のあらゆる波動を用いて、計測・制御・情報伝達を行う技術
  • ※2:社会インフラ、ライフデザイン、文化・エンタメ、農業・食料などの領域
検索ワード