プレスリリースRSS

2019年3月22日
関西電力株式会社

再生可能エネルギー発電促進賦課金単価のお知らせについて

 「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」に基づき、2019年5月分以降の当社電気料金に適用される再生可能エネルギー発電促進賦課金単価が、本日、経済産業省により決定されましたのでお知らせいたします。

 本制度は、2011年8月26日に成立した「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」(平成23年法律第108号)に基づき、2012年7月1日から開始されています。

 制度の内容は、電力会社等※1が再生可能エネルギーにより発電された電気の買い取りに要した費用を、「全員参加型」という考えのもと、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」(電気料金の一部)として、電気を使用されるすべてのお客さまに、電気のご使用量に応じてご負担いただくものです。

 今回決定された2019年5月分から2020年4月分の電気料金に適用される再生可能エネルギー発電促進賦課金単価※2は、1kWhあたり2円95銭で、従量電灯Aの平均的なモデル※3の再生可能エネルギー発電促進賦課金にかかるお支払額は、1ヶ月あたり767円となります。

<再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(従量制供給の場合)および従量電灯Aの平均的なモデルにおける賦課金>
  2019年5月分から
2020年4月分まで
[参考]2018年5月分から
2019年4月分まで
賦課金単価 2円95銭/kWh 2円90銭/kWh +5銭/kWh
従量電灯Aの平均的な
モデルにおける賦課金
767円/月 754円/月 +13円/月
  • ※1:小売電気事業者、一般送配電事業者、登録特定送配電事業者を指します。
  • ※2:単価には消費税等相当額を含みます。
  • ※3:ご使用量が260kWh/月の場合。

以 上