プレスリリースRSS

2019年3月1日
関西電力株式会社
合同会社K4 Ventures

エディットフォース株式会社との資本提携について

 合同会社K4 Ventures(以下、K4V)はこのたび、関西電力グループ(以下、当社グループ)のさらなる成長を目的として、ゲノム編集技術※1を持つベンチャー企業「エディットフォース株式会社(以下、エディットフォース)」が行う第三者割当増資に応じることとしました。

 当社グループは、革新的な技術やビジネスモデルを有するベンチャー企業との連携を強化するため、子会社であるK4Vを投資主体とするベンチャー投資の仕組みを整備しており、今回の出資は、6件目のベンチャー投資で、直接投資としては4件目となります。

 エディットフォースは、日本発のゲノム編集技術である「PPR技術※2」を有することを強みとしており、スマートセルインダストリー※3の社会実装の加速化に向け、医療・農業・化学分野等への応用を目的としたゲノム編集の技術開発および本技術をプラットフォームとした事業開発ならびにライセンシング事業を行っています。当社は将来、エネルギー・環境分野等におけるゲノム編集技術の活用に向けた当社グループとの業務提携も視野に入れていきます。

 当社グループは、「関西電力グループ 中期経営計画」の実現に向け、これまでにない様々なイノベーションに関する取組みを展開し、新規事業、新商品・サービスの開発および既存事業の改革に積極果敢に挑戦してまいります。

以 上

  • ※1:人工DNA切断酵素を用いて正確に遺伝子を改変する技術。
  • ※2:Pentatricopeptide Repeatの略。DNA(生物における遺伝情報を保持する物質)のみならずRNA(DNAの遺伝情報をコピーする役割を担う物質)も対象として狙ったとおり標的遺伝子を改変できる技術。
  • ※3:生物情報に高度なAI等の情報処理技術を適応して生物機能をデザインし、遺伝子の導入、ゲノム編集、代謝制御などの最先端のバイオ技術を利用して潜在的な生物機能を引き出し利用する産業。
検索ワード