プレスリリースRSS

2019年2月8日
関西電力株式会社

美浜発電所、高浜発電所および大飯発電所の原子炉設置変更許可申請について(有毒ガス防護に係る規則改正への対応)

 当社は、2017年5月に原子炉等規制法が改正※1されたことから、美浜発電所3号機、高浜発電所1~4号機および大飯発電所3、4号機について、発電所の敷地内外で有毒ガスが発生した場合における運転員への影響評価等を行いました。

 本日、中央制御室等※2の設計方針に有毒ガス防護を追加するとともに、有毒ガスへの対応手順や体制等の整備に係る記載を追加し、原子力規制委員会に対し、原子炉設置変更許可申請を行いました。

 当社は今後、原子力規制委員会の審査に真摯かつ的確、迅速に対応します。

  • ※1:発電所の敷地内外で発生する可能性のある有毒ガスに対して、中央制御室の運転員等や、重大事故時等に特に重要な操作を行う要員に影響を及ぼさないようにすることが、基準として明確化された。
  • ※2:高浜発電所については、原子炉設置変更許可を受けた特定重大事故等対処施設の緊急時制御室も対象としている。

以 上