プレスリリースRSS

2019年1月31日
関西電力株式会社
株式会社ケイ・オプティコム
関電システムソリューションズ株式会社

関西電力および情報通信グループ会社の組織再編について

 関西電力株式会社(以下、関西電力)および関西電力グループの情報通信事業会社である株式会社ケイ・オプティコム(以下、ケイ・オプティコム)、関電システムソリューションズ株式会社(以下、関電システムソリューションズ)の3社は、2019年4月1日に、「総合エネルギー事業の競争力強化」と「情報通信事業のさらなる成長」を目的とした組織再編を行います。

○組織再編の概要(効力発生日:2019年4月1日)
①総合エネルギー事業の競争力強化に向けた関西電力向け情報通信サービス提供機能の再編
 関西電力グループの持続的な成長に向け、デジタル技術※1をはじめとした最新の情報通信技術の活用を、より積極的に進める必要があります。これまで、関西電力向けの情報通信に関する設備や要員は3社に分かれていましたが、当社事業の競争力強化を目指し、関西電力が保有する社内LANなどの「通信サービス提供機能」をケイ・オプティコムへ移管するとともに、関西電力が保有する「情報システム開発機能」を関電システムソリューションズに集約します。これにより、当社の情報通信にかかる投資や業務の効率化を図り、最新の情報通信技術の活用など、デジタルトランスフォーメーション※2をより一層加速します。
②情報通信事業のさらなる成長に向けたグループ会社の再編
 情報通信事業のさらなる成長を目指し、クラウドやIoTに代表される情報と通信が一体になったソリューションサービスをより迅速に提供するため、関電システムソリューションズが保有する「情報通信インフラ」や企業・自治体向けの「情報システム開発機能」をケイ・オプティコムへ移管します。これにより、通信回線やサーバーなどの情報通信インフラを統合するとともに、両社が培った技術、顧客基盤を活かして、情報と通信が一体となったソリューションをより迅速に提供できる体制を構築することで、情報通信事業のさらなる成長を目指します。

 なお、今回の再編を契機に、ケイ・オプティコムの商号を「株式会社オプテージ」に、関電システムソリューションズの商号を「株式会社関電システムズ」に変更します。

 関西電力グループは、今回の再編を通じて、引き続きグループの持続的成長を実現していきます。

  • ※1:データ収集するIoT技術、収集したデータを蓄積・分析するアナリティクス技術、AI等の新技術
  • ※2:企業が既存概念から脱却し、デジタル技術を利用して新たな価値を創出すること。そして、その価値を用いて新たなサービスやビジネスを提供し、競争優位性を確保すること。

以 上

検索ワード