プレスリリースRSS

2018年10月3日
関西電力株式会社

新たな電気料金メニュー「はぴeタイムR」の設定について

 当社は、省エネ給湯機エコキュートとIHクッキングヒーターを中心とした電化機器を組み合わせた「オール電化」をこれまでご提案させていただいており、多くのお客さまにお選びいただくとともに、97%もの方にオール電化住宅にご満足いただいております※1
 今後も、さらに多くのお客さまに「オール電化」をお選びいただくために、「オール電化」のお客さま向けの電気料金メニュー「はぴeタイム」をリニューアルし、2019年4月1日より、新たな電気料金メニュー「はぴeタイムR」を設定いたします。

<「はぴeタイムR」の概要とメリット>
 「はぴeタイムR」は、「はぴeタイム」と同じく、エコキュート等を設置いただいたお客さまにご加入いただけるお得な電気料金メニューです。
 今回のリニューアルにより、全ての時間帯で電力量料金単価が「従量電灯A」の第3段階料金単価よりもお安くなっており、例えば、夏場の暑い昼間の時間帯にお使いになるエアコン等をよりお得にお使いいただけるようになりました※2
 また、「はぴeタイム」と同じく、ご使用になる季節や時間帯によって電力量料金単価が異なりますので、割安な時間帯に電気のご使用をシフトしていただく等の工夫で、電気料金がよりお得になります。
 加えて、IHクッキングヒーターを設置いただくと、「電化割引」※3が適用され、電気料金がさらに5%お得になります。
 当社モデルケースにおいて、新たにエコキュートを設置され、「はぴeタイムR」にご加入いただいたお客さまが、IHクッキングヒーターを併せて設置いただくと、当社の「従量電灯A」と大阪ガスの「一般料金」※4を組み合わせた場合より、年間67,100円(▲26.3%)※5お得になります。
<受付開始>
 受付開始日については、別途、当社ホームページ等でお知らせいたします。

 今回の「はぴeタイムR」の設定にあわせ、「はぴeタイム」、「時間帯別電灯」および「季時別電灯PS」については、2019年3月31日をもって、新規加入を停止いたします。
 なお、2019年3月31日までに、「はぴeタイム」、「時間帯別電灯」および「季時別電灯PS」にご契約またはお申込みをいただいているお客さまは、電気のご契約内容に変更※6や廃止がない場合、2019年4月1日以降についても、引き続きご利用いただけます。
 当社は、「オール電化」をご提案することで、お客さまと社会の省エネルギーに貢献するとともに、お客さまの経済性に加え“安心・快適・便利”な「はぴeライフ」の実現に向け、総合エネルギー事業者として様々な価値をご提供してまいります。

以 上

  • ※1:「お住まいに関するアンケート」(2017年8月当社実施)より(N=1,715)
  • ※2:「従量電灯A」の第3段階料金単価(300kWh超過のご使用量をお使いの場合に適用)と比較した場合。
  • ※3:エコキュート等の電気給湯機を据え付けた上で、「はぴeタイムR」にご加入いただいたお客さまが、IHクッキングヒーターを据え付けていただくと、電化割引が適用され、電気料金から割引対象額〔基本料金と電力量料金(燃料費調整額は含みません)の合計額〕の5%を割引いたします。
  • ※4:「一般料金」とは大阪ガス一般ガス供給約款(2017年6月16日実施)に基づく料金をいいます。
  • ※5:以下の試算条件(「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」に準拠した、「エネルギー消費性能計算プログラム(住宅版)」[監修:国立研究開発法人建築研究所]を基に算出)に基づき算出。なお、実際のメリット額は各ご家庭の電気・ガスのご使用状況やご契約の時期、燃料費調整額、原料費調整額等により変動いたします。
  • ・オール電化:年間電気使用量7,321kWh(デイタイム:716kWh、リビングタイム:3,830kWh、ナイトタイム:2,775kWh)
  • ・都市ガス併用:年間電気使用量5,246kWh、年間ガス使用量673m3
  • ・電気料金には消費税等相当額、燃料費調整額(2018年10月分)および再生可能エネルギー発電促進賦課金を、ガス料金には消費税等相当額および原料費調整額(2018年10月分)を含みます。
  • ※6:名義変更や容量変更の場合(適用範囲を満たす場合に限ります。)は、2019年4月1日以降についても、引き続きご利用いただけます。

OSAKA-KANSAI JAPAN EXPO2025

検索ワード