プレスリリース

2012年5月21日
関西電力株式会社

選択約款の届出について

別紙

「季時別電灯PS」の概要

 季時別電灯PSは、夏のピーク時に対応する「ピーク時間」と、それ以外の「オフピーク時間」「夜間時間」に時間帯を区分しており、「ピーク時間」から「オフピーク時間」および「夜間時間」へ電気のご使用をシフトしていただくことで、電気料金を削減できる料金メニューです。

◆対象となるお客さま
供給約款の従量電灯の適用範囲に該当し、ピーク時間以外の時間帯へ負荷移行が可能なお客さま。
※従量電灯の適用範囲: 電灯または小型機器を使用する需要であり、原則として、最大需要容量が50キロボルトアンペア未満である需要。ただし、低圧電力とあわせて契約する場合は、原則として、最大需要容量または契約容量と契約電力との合計が50キロワット未満である需要。
◆料金
(税込み)
基本料金 1契約につき最初の10kVAまで 1,155 円 00銭
上記を超える1kVAにつき 378 円 00銭
電力量料金 ピーク時間 52 円 82銭
オフピーク時間 最初の90kWhまで 20 円 62銭
90kWh超過
230kWhまで
26 円 41銭
230kWh超過分 27 円 94銭
夜間時間 8 円 19銭
◆時間帯区分
ピーク時間 夏季(毎年7月1日から9月30日までの期間)平日の13時から16時までの時間
オフピーク時間 毎日7時から23時までの時間(ピーク時間に該当する時間を除く)
夜間時間 毎日0時から7時までおよび23時から翌日0時までの時間

【料金単価イメージ】夏季(毎年7月1日から9月30日までの期間)平日

◆その他
季時別電灯PSの実施に伴い、「口座振替割引契約」および「料金についての特別措置〔太陽光発電促進付加金〕」について、変更届出・認可申請を行いました。

以 上

本文へ戻る