プレスリリース

2012年1月30日
関西電力株式会社

堺港発電所3号機の運転停止について

 堺港発電所3号機(定格出力:40万kW)は、運転中の1月30日0時35分、需要の減少にあわせて停止操作を実施していたところ、停止時に蒸気の圧力を調整する中圧タービンバイパス弁が動作しなかったことから、手動で運転を停止しました。

※「タービンバイパス弁」 ・・・ 発電停止時に蒸気タービンへ流入する蒸気を復水器に逃すことで圧力を調整するための弁

 その後、中圧タービンバイパス弁の開閉確認を行った結果、当該弁は動作しましたが、原因究明を行なうために分解点検を実施します。
 点検期間については、現時点では未定ですが、できるだけ早期に運転再開できるよう努めてまいります。

以 上

<添付資料>