プレスリリース

2011年7月12日
関西電力株式会社

姫路第二発電所5号機の起動および通常運転開始について

 当社は、姫路第二発電所5号機(定格出力:60万kW)について、供給力確保のため、全力で復旧工事を進めていましたが、励磁機※1の中にあるダイオード※2全数の点検と劣化したダイオードの取替え作業が完了したことから、本日18時00分、起動を開始しました。
 今後、起動後のボイラ点火やタービン通気等の工程が順調に進んだ場合、7月14日に通常運転(出力60万kW)を開始する予定です。

  • ※1励磁機  :発電を行うために磁界を発生させる装置
  • ※2ダイオード:電流を一定方向にしか流さないようにするための素子。

以 上

<姫路第二発電所5号機の運転停止から通常運転開始までの時系列>
・7月 2日 運転停止
・7月 6日 42個のダイオードの点検完了
・7月10日 7個の劣化したダイオードの取替え作業完了
・7月12日 起動開始
・7月14日 通常運転開始予定(出力60万kW)