プレスリリース

2011年3月28日
関西電力株式会社

東北地方太平洋沖地震にかかる東京電力・東北電力等への応援状況(平成23年3月28日11:00現在)

【人員】
部門 派遣先 派遣している人数
社員(延べ) グループ会社 合計(延べ)
原子力 東京 23(115) 24(89) 47(204)
東北
NW 東京 13(77) 13(77)
東北 0(52) 0(36) 0(88)
合計 36(244) 24(125) 60(369)
 

[作業内容]原子力…環境放射線モニタリング、周辺区域の検査等
       NW…発電機車を用いた応急送電、配電設備の巡視・改修

【資機材等】
部門 派遣先 協力している資機材等
原子力 東京 モニタリング車2台、化学消防車1台、サーベイメータ56台、ダストサンプラ2台、ガラスバッジ144個、熱蛍光線量計100台 、チャコール付マスク1,092個、綿手袋6,000双、ゴム手袋6,500双、タイベック3,120着、アラーム付デジタル線量計391個 、セルフエアセット10セット、アノラック400着、管理区域用靴下3,850足
NW 東京 発電機車[電源車]6台、サポートカー3台、トラック1台、発電機車用の軽油1,800リットル
東北 発電機車用の軽油2,000リットル
通信 東北 衛星通信システムの可搬型装置13台
資材 東京 軽油15,200リットル
燃料 東京 LNG6万t、原油2.5万キロリットル(6万キロリットルについても融通準備完了)
その他 東京 食料18,000食、飲料水5,800リットル、使い捨て食器11,000皿、炊き出し道具40組、ポット30個、寝具1,000枚 、ポリタンク80個、懐中電灯70個、医療品セット25個、簡易トイレ12個、発電機2台、エアーテント1基等
東北 食料21,000食、飲料水15,000リットル、使い捨て食器17,000皿、炊き出し道具35組、ポット24個、寝具1,000枚 、衣類1,000セット、ポリタンク80個、懐中電灯650個、医療品セット24個、簡易トイレ12個、発電機2台、エアーテント1基等
日本原燃 飲料水21,504リットル
その他(被災地) 社宅を最大800戸程度[63箇所](住宅が損壊し、住まいにお困りの方等に自治体を通じて社宅提供できるように準備)
飲料水303,660リットル(避難所に避難されている方に飲料水を提供)
 
【電力融通】
東京電力に対して、電力各社と協力しながら周波数変換設備(合計容量:100万kW)を通した電力融通を行うとともに、東京電力の系統に連系して、50Hzで送電することができる寝覚(ねざめ)発電所と御岳(おんたけ)発電所(ともに水力)からも最大限の協力を実施

※寝覚・御岳発電所の合計で最大10万kW程度の融通が可能

【義援金】
日本赤十字社を通じて、被災地域への義援金3億円を拠出

以 上