プレスリリース

2009年7月30日
関西電力株式会社

「原子力保全改革検証委員会」の委員変更について

 当社は、「原子力保全改革検証委員会」の委員を、以下のとおり変更しましたので、お知らせします。

原子力保全改革検証委員会(社外委員敬称略・五十音順)
  (委 員 長) 【社 外】   佐藤   信昭(さとう   のぶあき)   (弁護士)
  (副委員長) 【社 外】   東    邦夫(ひがし    くにお)   (京都大学名誉教授)
  (委  員) 【社 外】   小松原 明哲(こまつばら あきのり)   (早稲田大学教授)
    【社 外】   田中   健次(たなか   けんじ)   (電気通信大学教授)
    【社 外】   槇村   久子(まきむら   ひさこ)   (京都女子大学教授)
    【社 外】   増田   仁視(ますだ   ひとみ)   (福井経済同友会代表幹事)
    取締役副社長   齊藤   紀彦    
    常務取締役   井狩   雅文    
  (幹  事) 経営監査室長   戸神   良章    
             
        ※下線部が今回就任する委員

以 上

<参考:原子力保全改革検証委員会の概要>
  ・設置時期 平成17年4月26日
  ・目的 美浜発電所3号機事故再発防止対策について、社外の見識を含めた独立的な立場からその有効性を検証するとともに、原子力の安全文化の醸成に係る事項について助言を行い、継続的な改善に支えられた安全の確保をより確実なものとする。
  ・業務内容
  • ・再発防止対策の実施状況の評価・監視
  • ・評価・監視を踏まえた原子力保全改革委員会等に対する助言・勧告
  • ・原子力の安全文化の醸成に関する助言 等
  ・開催頻度 半期に1回を目安に必要の都度開催(平成19年度から)
 ※平成18年度までは、3ヶ月に1回を目安に必要の都度開催

<参考資料>