プレスリリース

2009年6月18日
関西電力株式会社

西オーストラリアにおける新規ウラン鉱山開発プロジェクトのフィージビリティスタディ(事業化調査)への参画について

 当社はこの度、ウランの長期安定確保のための取組みの一環として、当社が出資している日豪ウラン資源開発株式会社(以下、日豪ウラン)を通じて、カナダのウラン鉱山会社であるメガ社(Mega Uranium Ltd)がオーストラリアで進めている、新規ウラン鉱山開発プロジェクトのフィージビリティスタディに参画することとしました。

  • ※フィージビリティスタディ・・・ ウラン鉱山開発プロジェクトにかかる法制面および技術面の検証、建設や運営にかかる費用の積算、必要となる資金調達の可能性の検証等。

 本プロジェクトは、メガ社が西オーストラリア州の東部ゴールドフィールド地域に権益を保有する鉱区(レイクメイトランド)を対象とするもので、ウランの推定資源量は約9,100トンと見込まれており、平成23年の生産開始を目指して、フィージビリティスタディが進められています。

 今後、日豪ウランがフィージビリティスタディの結果を踏まえ、本プロジェクトの開発への参画を決定した場合、同社は30%のウラン権益を取得する予定です。

 当社としては、今後も、原子力発電所の安定運転のため、ウランの長期安定確保に取組んでまいります。

以 上