プレスリリース

2009年4月15日
関西電力株式会社

国内クレジット制度に基づくCO2排出削減事業の申請について

 当社は、本日、今津サンブリッジホテル(滋賀県高島市)におけるCO排出削減事業について、「国内クレジット制度」に基づく排出削減事業として、本ホテルを運営する杉橋興産株式会社と共同で経済産業省へ申請しました。 当社としては初の申請となります。

 本事業は、今津サンブリッジホテルにおいて、空調に高効率空冷ヒートポンプを、また給湯に業務用エコキュートを導入するなど、高効率な電化機器に設備更新することでCO排出量を削減するものです。

 これにより平成21年度から平成24年度の4年間で、1,310t-COのCO排出量を削減できる予定です。

  • ※4年間累計の排出削減見込み量。H21年度は101t-CO2、H22年〜24年は年間403t-CO2

 今後、国内クレジット認証委員会の承認が得られれば、排出削減量実績の審査などを経て、COクレジットが発行されることとなります。

 当社は引き続き、原子力の安全・安定運転の推進をはじめ、火力発電所の熱効率向上や再生可能エネルギーの導入拡大などによる「系統電力の低炭素化」と、ヒートポンプ等の高効率機器の普及拡大等による「電化社会の推進」といった需給両面での取組みを進め、低炭素社会の実現に向けて貢献してまいります。

以 上