プレスリリース

2007年7月31日
関西電力株式会社

当社発電設備の点検結果にかかる保安規程の変更について

 当社は、経済産業省より、発電設備の点検結果を踏まえ、当社の保安規程を変更するとともに、変更した事項を同省に届け出るよう、平成19年5月7日付で命令書を受領しました。(平成19年5月7日 お知らせ済み)
※保安規程 電気事業法に基づき、電気事業の用に供する電気工作物の保安を確保するために、当社が定めた規程

 当社は、この命令を踏まえ、保安規程について、主任技術者の独立性の確保や保安教育の充実等を明記するよう変更し、本日、同省に届け出ました。

◆保安規程の変更事項
1 主任技術者の位置付け
主任技術者の責任と権限をより明確にするため、主任技術者には必要な責任と権限を有する者を選任することを保安規程に明記。
主任技術者の独立性をより明確にするため、主任技術者の職務として、上位職位および上位機関に対して意見・具申を行うことを保安規程に明記。
   
2 保安教育の充実
保安に関する教育として、電気事業法および関係する法令について教育を行うことを保安規程に明記。
   
3 工事計画届出に関する規定の明確化
工事に係わる届出の要否確認、および届出が行われたかの確認の手続きを定めて実施することを保安規程に明記。

 当社は、今回変更した保安規程を遵守するとともに、同省のご指導を賜りながら適切に対応してまいります。


以  上