プレスリリース

2007年2月26日
関西電力株式会社

「マングローブ生態系修復のための植林技術開発研究」の結果について

 当社は、グループ会社の株式会社環境総合テクノス(以下、「KANSO」)、およびタイ王国 天然資源・環境省 海洋・沿岸資源局と共同で、平成12年度から、マングローブの植林技術開発研究を行い、この度「マングローブ生長予測システムの確立」等の成果を得ました。

 当社はこれまで、マングローブが及ぼす地球環境への影響に関する研究を行ない、マングローブが高いCO固定能力を持ち、その植林が地球環境保全に有効であることを確認しました。
 この結果を踏まえ、今回の研究では、沿岸域の開発に伴いマングローブ林の急激な減少が進むタイにおいて、マングローブ生態系修復のための植林技術開発に取り組んできたものです。具体的な研究成果は、以下のとおりです。


<研究成果>
1.マングローブ生長予測システムの確立〔別紙1参照
  マングローブの生長に大きな影響を与える13種類の要因を明らかにし、それをもとに生長を予測することで、植林に適した土地であるか否かを診断する世界初の技術を確立。
   
2.マングローブ林の津波抑制効果の検証〔別紙2参照
  インド洋大津波の被害を受けた地域において、マングローブ林と他樹種との被害状況の違いを分析し、マングローブ林の津波抑制効果が他と比較して高いことを確認。
   
3.CO固定量測定方法の開発〔別紙3参照
  無線ヘリで撮影した画像から、植生するマングローブ林のCO固定量を、高い精度(90%前後)で測定する技術を開発。

 本プロジェクトは今年度をもって終了しますが、得られた知見は、タイ政府によるマングローブ林の保全活動に活かされるとともに、グループ会社のKANSOによるコンサルティング等を通じ、さらに多くの国々で活かされ、地球温暖化防止に貢献するものと期待しています。
 今後とも、当社グループは、地球環境保全と持続可能な社会の実現に向けた取り組みを、着実に進めてまいります。

以  上