プレスリリース

2007年2月2日
関西電力株式会社

当社水力発電設備の調査・点検状況について

 当社は、国土交通省および経済産業省原子力安全・保安院からの指示にもとづき、水力・火力・原子力発電設備における、データの改ざん、必要な手続きの不備等の有無について調査を行っていますが、一部水力発電所において、発電用の取水量にかかる報告データの改ざんを確認しました。


 水力発電所については、河川法にかかる水利使用規則に基づき、その取水量に制限が設けられ、毎年、各発電所における年間の日取水量を各河川管理者に報告していますが、3発電所において、以下のとおり取水量にかかる報告データを改ざんしていました。


<取水量にかかる報告データ改ざんの概要>
川合発電所(奈良県吉野郡天川村、出力:7,000kW)
当該発電所は熊野川と4つの渓流から取水しているが、渓流からの取水量が少ない場合、熊野川からの取水量が多くなるため、熊野川の許可最大取水量を超過した際、河川管理者への報告データにおいて、超過分を渓流からの取水量に配分し、熊野川からの取水量を許可最大取水量以下に改ざんしていたもの。
 改ざん期間:平成10年〜平成17年報告分
   
大井発電所(岐阜県中津川市、出力:52,000kW)
許可最大取水量を超過した際、河川管理者への報告データを実際の取水量よりも少なく改ざんしていたもの。
 改ざん期間:平成16年報告分
   
栃生発電所(滋賀県高島市、出力:1,370kW)
当該発電所は、導水路の通水能力不足により、取水量は許可最大取水量に及ばないが、許可最大取水量の既得権を確保するため、河川管理者への報告データを実際の取水量よりも多く改ざんしていたもの。
 改ざん期間:昭和42年〜平成17年報告分

 当社は、今回確認しました、許可最大取水量超過および各河川管理者への報告データの改ざんにつきまして、誠に申し訳なく、深くお詫び申し上げます。
 本件につきましては、国土交通省にご報告していますが、当社としては、他の水力発電設備も含めて引き続き徹底した調査を進めるとともに、関係機関のご指導を賜りながら、適切に対応してまいります。

以  上

<添付資料>