プレスリリース

2005年2月4日
関西電力株式会社

美浜発電所1号機の原子炉手動停止について
(湿分分離加熱器加熱蒸気室ドレン抜き栓からの水の滴下について)

 美浜発電所1号機(加圧水型軽水炉 定格電気出力34万キロワット、定格熱出力 103万1千キロワット)は、定格熱出力一定運転中のところ、本日2月4日11時50分頃、当社運転員の巡回点検において、タービン建屋1階の床面に水溜りを発見するとともに、上方から水が滴下していることを確認しました。
 その後、同建屋2階の滴下場所上方にある湿分分離加熱器2台のうちA-湿分分離加熱器の保温接合部付近から、わずかに水が滴下(約5秒に1滴程度)していることを発見するとともに、加熱蒸気室ドレン抜き栓からの漏えいであることを確認しました。
 水の滴下量はわずかであり、運転パラメータ等に変化は認められませんでした。
 ただちに運転に支障のあるものではありませんが、原子炉を計画的に停止して点検を行うこととしました。
 本日13時30分から出力降下を開始し、同日21時頃発電を停止し、22時頃には原子炉を停止する予定です。
 なお、本事象による環境への影響はありません。

 ※ : 湿分分離加熱器  
 高圧タービンで仕事をした蒸気に含まれる湿分を取り除くとともに、高圧タービンの手前で取り出した主蒸気により再度加熱する機器。

以上