プレスリリース

2003年4月30日

フィリピン サンロケ水力発電所の技術審査完了について

 当社は、平成10年4月に、日本の電力会社として初めて、海外卸発電事業「フィリピン サンロケ水力発電プロジェクト」に資本参加を決定し、現地でのサンロケ水力発電所等の建設工事に協力してまいりました。建設工事はおおむね順調に推移し、フィリピン国営電力公社の技術的な確認を受けておりましたが、平成15年4月30日、全3ユニット(合計出力:34.5万kW)の試験運転技術審査が完了しました。

 サンロケ水力発電所は、丸紅株式会社、米国サイスエナジー社等が共同出資し、現地で設立したサンロケパワー社が主体となって、平成10年3月より建設を進めていたものです。本発電所は、フィリピン国営電力公社の発電指示により発電するピーク需要対応型水力発電所として、サンロケパワー社が運営するものです。

 本水力発電所は、フィリピン ルソン島のピーク電力需要に対応したものであり、需要の伸びが旺盛な同地域に安定した電気を供給するとともに、年間約10億kWhの電力は、同国の貴重な国産エネルギーとして、今後長期に亘り同国の発展に寄与するものと考えております。
 
 当社は今後も、これまでに培ってきた電気事業に関する技術・経験の蓄積を活用し、当社グループの新たな収益源の確保を目的として、海外での事業展開を積極的に行っていきたいと考えております。

<プロジェクト概要>
発電事業主体
サンロケパワー社
 (出資)当社※:7.5%、米国サイスエナジー社50.05%、丸紅株式会社42.45%
所在地 ルソン島北部パンガシナン州アグノ川水系
発電方式 ダム式 
 貯水量:8億5千万立方m、高さ:200m、堰堤長:1.1km、ロックフィルダム
発電所出力 34.5万kW(11.5万kW×3台)
プロジェクト総額 約10億ドル
※ 当社は、全額出資で株式会社関電インターナショナルを設立し、その下にKpic Singapore Ltd.(ケーピック・シンガポール・リミテッド)をシンガポールに設立し、同社がサンロケパワー社に出資