プレスリリース

2003年1月30日
関電エネルギー開発株式会社

針畑川(はりはたがわ)発電所建設計画の中止について

  関電エネルギー開発(株)および関西電力(株)は、これまで針畑川発電所の建設計画を進めてきましたが、この度この計画を中止することとし、本日、滋賀県をはじめ関係各所に中止の申し入れを行いました。

 針畑川発電所建設計画は、平成10年代中頃の電力需要の伸びに対応するため、関電エネルギー開発(株)が滋賀県大津市に出力2,600kWの水路式水力発電所を建設し、発電された電気を関西電力(株)が受給するという計画のもと、平成7年12月から地元自治体等と事前協議を開始し、その後建設に向け、地元をはじめとした関係者と協議を行ってまいりました。

 しかし、昨今の長引く景気低迷や省エネルギーの進展などにより需要が低迷しており、さらに、電力自由化範囲の拡大などによる今後の一層の競争激化が予想されることから、関西電力(株)は一層の経営効率化を進めているところです。
このような状況を踏まえ、関西電力(株)は、針畑川発電所の電気を受給できる状況になく、誠に残念ながら本計画を中止せざるを得ないとの結論に至りました。

 これまで本計画の推進にあたり、多大なご理解やご協力をいただきました地元の方々をはじめ、関係者の皆さまには深く感謝申し上げるとともに、かかる結論に至りましたことにつきまして、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

以 上

 

<参考資料>