プレスリリース

1999年10月27日

高浜発電所1、3、4号機の自動停止について

 高浜発電所1、3、4号機(加圧水型軽水炉 1号機:定格出力82万6千キロワット3、4号機:定格出力87万キロワット)は、定格出力で運転中のところ、本日11時48分、原子炉が自動停止しました。

 原因は、西京都変電所の50万V変圧器の保護装置にトラブルが発生し、送電系統の周波数および電圧が変動したことから、高浜発電所において「1次冷却材ポンプ周波数低」および「1次冷却材ポンプ電圧低」の警報が発信し、原子炉が自動停止しました。

 西京都変電所での故障の原因については現在調査中です。

 高浜発電所につきましては、今回の自動停止の影響で主タービンおよび給水ポンプの軸受の潤滑油に蒸気(水)が混入していることが確認されたことから、潤滑油を全て取り替えることとしました。
 今後、潤滑油の取り替えを行った後、準備が整い次第、発電を再開する予定です。

 なお、今回の事象による周辺環境への放射能の影響はありません。

以 上