プレスリリース

1999年9月14日

BNFL製MOX燃料の製造時品質管理データの疑義について

 昨日、英国原子燃料会社(British Nuclear Fuels plc)から、現在、高浜3号機向けに製造しているMOX燃料について、製造時の品質管理データの一部に疑義があったとの報告を受けました。
 内容は、ペレットの外径について、製造工程において全数合否判定を行っているものの、一部品質管理用のデータ採取を行わず、架空の数値を記録していたものがある、というものです。

 なお、現在輸送途上にある高浜4号機向けMOX燃料については、BNFLの調査の結果、問題ないとの見解を表明していますが、当社としても確認を行う必要があることから、調査員を現地に派遣します。

以 上