プレスリリース

1999年9月3日

チェコ、ハンガリーからの原子力研修生の受け入れについて

     当社は、9月6日から9月8日まで3日間の日程で、チェコ及びハンガリーからの原子力研修生計7名を高浜発電所および原子力保修訓練センターに受け入れます。

     研修生の受け入れは、原子力発電所の運転管理者等を対象とする通産省の原子力発電所運転管理等国際研修事業(千人研修)の一環として行われるものです。

     この原子力発電所運転管理等国際研修事業は、平成4年秋からスタートしており、当社の研修生受け入れは、今回で31回目となり、1回目からの合計で181名となります。

     今回は、チェコ原子力安全委員会副総裁 ズデニェク・プロウザ氏他が来日され、原子力発電所の運転管理全般についての研修を実施する予定です。

    以  上

    <研修日程>

    平成11年 9月6日(月)、9月8日(水)   高浜発電所
      9月7日(火)   原子力保修訓練センター

    <参考>
     原子力発電所運転管理等国際研修事業(千人研修)
     平成3年のロンドン・サミットでの政府表明を受け、わが国が有する原子力発電の安全運転管理技術を積極的に見てもらうことにより、世界的な原子力発電の安全性の向上を図ることを目的として、通産省が企画した事業で、平成4年10月から研修生を受け入れている。
      旧ソ連、東欧等を中心に、10年間で1,000人程度の研修生を受け入れ、わが国における原子力発電の運転管理等に関する研修を行う。