プレスリリース

1999年8月13日

大飯発電所4号機の定期検査開始について

1.今回の定期検査を利用して実施する主な工事等
 (1)1次冷却材ポンプ供用期間中検査
 1次冷却材ポンプの供用期間中検査として4台ある1次冷却材ポンプのうち、B-1次冷却材ポンプについて、主フランジボルト、締めつけ部等耐圧部の健全性を確認するとともに、分解検査としてインペラ等の内部部品について点検します。

 (2)原子炉格納容器供用期間中検査
 原子炉格納容器(プレストレストコンクリート製格納容器:PCCV)の供用期間中検査として、縦方向緊張ケーブル4本および円周方向緊張ケーブル5本について引張り力を測定し、適切な緊張力であることを確認します。

2.燃料集合体の取替え

 燃料集合体全数193体のうち77体を取替える予定です。
  (取替用燃料集合体のうち76体は、新燃料集合体。)
3.今後の予定
 
原子炉起動、臨界:平成11年 9月 中旬
調整運転開始  :平成11年 9月 下旬
本格運転再開  :平成11年10月 中旬

以 上