プレスリリース

1999年6月17日

大飯発電所使用済燃料構内輸送容器の使用前検査合格について

 当社は、昨年10月に発生した燃料輸送容器のデータ問題を受け、これらの輸送容器による発電所構内輸送を見合わせるとともに、再発防止策を検討し、通商産業省等に対して再点検結果の報告などを行ってまいりました。(既にお知らせ済み)

 その後、構内輸送再開に向けて、工事計画認可申請(4月28日認可、同日お知らせ済)などの諸手続きを進めてまいりましたが、本日、大飯発電所にある構内輸送容器2基について、通商産業省より使用前検査合格書を受領するとともに構内輸送容器の使用を再開しても問題ない旨のご判断を頂きましたのでお知らせします。

 これを受け、当社は今年秋頃、合格した構内輸送容器を用いて同発電所1、2号機から3、4号機への使用済燃料の構内輸送を再開する予定です。

 当社としては、今回の使用済燃料輸送容器のデータ問題を重く受け止め、引き続き再発防止に努めるとともに、今後とも、発電所の安全・安定運転に努めていく所存です。

以 上  

(参 考)
 燃料輸送容器データ問題の経緯
    平成10年10月
    • 使用済燃料輸送用キャスクのモックアップ用中性子遮へい材データ書き換えについて判明     (7日プレス発表)
    • 使用済燃料輸送用キャスクの中性子遮へい材データについて材料証明書の記載に書き換えを確認     (13日プレス発表)

    平成10年12月
    • 使用済燃料およびMOX新燃料輸送容器のデータ問題に関する検討結果ならびに今後の取り組みについて報告     (3日プレス発表)

    平成11年 2月

    • 使用済燃料輸送容器に関する再点検結果を取りまとめた報告書を通商産業省に提出     (22日プレス発表)

    平成11年 4月

    • 使用済燃料輸送容器に関する工事計画認可を通商産業省に申請     (15日プレス発表)
    • 使用済燃料輸送容器に関する工事計画認可     (28日プレス発表)

    平成11年 6月

    • 通商産業省より使用済燃料輸送容器に関する使用前検査合格書を受領     (本日プレス発表)