プレスリリース

1999年6月10日
関西電力株式会社

高浜発電所4号機の定期検査状況について(蒸気発生器伝熱管損傷事象の原因と対策)

 高浜発電所4号機(加圧水型軽水炉 定格出力87万キロワット)は、平成11年4月22日から第11回定期検査を実施していますが、蒸気発生器伝熱管の健全性確認のため伝熱管の全数(10,115本)について、渦流探傷検査(ECT)を行いました。
 状況は以下のとおりです。
[蒸気発生器伝熱管全数の渦流探傷検査結果]
 渦流探傷検査の結果、C-蒸気発生器の伝熱管4本(高温側の管板拡管部)に欠陥の可能性を示す有意な信号指示が認められました。
 これら4本の伝熱管については、予防保全対策として施栓する予定です。

[平成11年5月27日 記者発表済]

  • 1.調査結果
     有意な信号指示が認められた伝熱管4本のうち1本を抜管し、詳細調査を実施しました。結果は以下の通りです。
    • 当該部位の内表面について、浸透探傷検査を実施した結果、伝熱管を管板内に固定するために実施したローラ拡管部分の上端部近傍に約3mmの軸方向の割れ指示が1箇所認められました。
    • 当該損傷部を光学顕微鏡で観察した結果、損傷は管内表面を起点としており、1次側からの応力腐食割れと考えられる管軸方向の粒界割れであることが確認されました。なお、損傷の最大深さは約0.8mmでした。
    • 抜管後の管板管穴の内径を計測したところ、内径が部分的にごくわずかに大きくなっていることが確認されました。なお、これは製作時の管板管穴加工時に生じたものと推定されました。
    • また、工場において、この管穴拡大を模擬した供試体を用いて試験を実施したところ、局所的な残留応力が生じていることを確認しました。
  • 2.推定原因
     以上の調査の結果、今回の事象は、製作時に管板部で伝熱管を拡管する際発生した局所的な残留応力と、運転中の内圧による作用応力が重畳したために、1次側からの応力腐食割れが発生したものと推定されました。
  • 3.対策
     有意な信号指示の認められた伝熱管は、機械式栓(メカニカルプラグ)にて施栓します。
    なお、抜管した1本はスリーブ付機械式栓とします。
    *スリーブ付機械式栓:
    管板内又は伝熱管内に先端が閉止されたさや管を挿入し、さや管の端をシール溶接した後、さや管の内側に機械式栓を取り付ける構造の栓。

以 上

(通商産業省によるINESの暫定評価)
基準1 基準2 基準3 評価レベル
- - 0- 0-
INES:国際原子力事象評価尺度

<参考資料>