お知らせ・更新情報

2019年10月24日

建設工事等に伴う当社架空電線等への防護措置に係る運用方法・費用負担の見直しについて

 当社が所有する架空電線等の近くで、クレーンや工事用足場等をご使用の場合には、感電を避けるため、保安上の感電防止措置義務を負われる各事業者さまから当社に防護カバー類の取り付けのお申込みをいただいておりますが、この度、一般送配電事業者として公平・中立な立場を考え、 2020年3月31日(火)までのお申込みをもちまして、当社負担による防護カバー類の取り付け工事は終了させていただきます。

 各事業者さまにおかれましては、2020年4月1日(水)以降の防護カバー類の取り付けお申込み分※1より、防護管施工会社※2に直接お申込みいただくとともに、取り付け作業に要した費用は各事業者さまにてご負担いただき、防護管施工会社へ直接お支払いいただくよう変更となります。

 なお、当社は電気事故防止のための安全PR活動を強化して参りたいと考えておりますので、引き続き、感電災害防止へのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 運用方法の見直し概要や切り替え時期などの詳細につきましては、別紙「建設工事等に伴う当社架空電線等への防護措置に係る運用方法・費用負担見直しのお知らせ」をご覧ください。

  • ※1:2020年3月31日(火)以前のお申込みであっても、当社受付が可能なものは、お客さま工事が2020年5月31日(日)までに開始される場合に限ります。2020年6月1日(月)以降に工事を開始される場合は、改めて2020年4月1日(水)以降に防護管施工会社にお申し込み頂きますようお願い致します)
  • ※2:防護管施工会社については、別紙「建設工事等に伴う当社架空電線等への防護措置に係る運用方法・費用負担見直しのお知らせ」からご覧ください。

別紙

検索ワード