お知らせ・更新情報

2016年9月2日

仏国原子力安全局で確認された原子炉容器等における炭素偏析の可能性に係る原子力規制委員会からの調査指示に対する調査結果の報告について

 当社は、平成28年8月24日付の原子力規制委員会からの調査指示に対して、当社の原子力発電所における原子炉容器等の製造方法および製造メーカの調査結果を取りまとめ、本日、原子力規制委員会に報告書を提出しました。

 調査の結果、対象となった全ての原子力発電所(美浜発電所1、2号機は調査対象外)の原子炉容器(上蓋および胴部)において、鍛造鋼たんぞうこう(工具や金型等を用いて圧縮または打撃して製造された鋼材)の使用が確認されたため、今後、原子力規制委員会からの指示に基づき、当該鍛造鋼の評価を行い、その評価結果を平成28年10月31日までに報告します。

以 上

※平成28年8月24日付 原子力規制委員会からの指示内容
(仏国原子力安全局で確認された原子炉容器等における炭素偏析の可能性に係る調査について(指示))
1.貴社が設置する実用発電用原子炉施設(廃止措置計画の認可を受けた施設、原子炉を運転することができる期間が満了した施設及び福島第一原子力発電所を除く。)の以下の調査対象機器について、製造方法及び製造メーカを調査し、その結果を平成28年9月2日までに当委員会に報告すること。
(調査対象機器)
加圧水型原子炉:原子炉容器、蒸気発生器、加圧器
沸騰水型原子炉:原子炉圧力容器
2.1.の調査の結果、鍛造鋼の使用が確認された場合は、当該鍛造鋼が規格(JIS等)を上回る炭素濃度領域を含む可能性について評価し、その結果を平成28年10月31日までに当委員会に報告すること。
検索ワード