個人投資家のみなさまへ

  • 直近の業績
  • 業績見通し

当社グループの平成28年度の業績に関しまして、「連結経営成績」「セグメントの業績」を中心に掲載しております。

平成29年3月期の経営成績

平成28年度の当社グループは、エネルギー新時代における成長を目指して「関西電力グループ中期経営計画(2016-2018)」を策定し、「総合エネルギー事業の競争力強化」、「新たな成長の柱の確立」、「グループ基盤の強化」を着実に推進しました。
当社グループの主たる事業である電気事業では、当年度の販売電力量は、夏場の気温が前年に比べて高く推移し、冷房需要が増加したものの、契約電力が減少したことなどから、1,215億kWhと前年度に比べて4.7%の減少となりました。その内訳を見ますと、「電灯」については、436億9千万kWhと前年実績を0.8%下回りました。また、「電力」についても、778億1千万kWhと前年実績を6.8%下回りました。
収入面では、販売電力量の減少や燃料費調整単価の低下などにより電灯電力料収入が減少したことなどから、売上高は3,011,337百万円と、前年度に比べて234,569百万円の減収(△7.2%)となりました。
一方、支出面では、徹底した経営効率化に努めたことに加え、燃料価格の下落や円高などにより火力燃料費が減少したことなどから、営業費用は2,793,589百万円と、前年度に比べて195,614百万円の減少(△6.5%)となりました。

連結経営成績(単位:百万円)

  平成27年度 平成28年度 増減
売上高 3,245,906 3,011,337 △234,569 △7.2%
営業利益 256,702 217,747 △38,954 △15.2%
経営利益 241,651 196,125 △45,526 △18.8%
親会社株主に帰属する
当期純利益
140,800 140,789 △11 △0.0%
  • (注)平成27年度においては、平成28年3月の法人税法の改正等に伴う繰延税金資産等の取崩しにより、税金費用が13,723百万円増加している。

販売電力量(単位:百万kWh)

  平成27年度
(平成27年4月~
平成28年3月)
平成28年度
(平成28年4月~
平成29年3月)
前年度比
(%)
電灯計 44,053 43,689 99.2
電力計 83,463 77,811 93.2
合計 127,516 121,500 95.3

(注)四捨五入の関係で、合計が一致しない場合がある。

需給実績(単位:百万kWh)

種 別 平成27年度
(平成27年4月~
平成28年3月)
平成28年度
(平成28年4月~
平成29年3月)
前年度比
(%)






水力発電電力量 14,780 13,362 90.4
火力発電電力量 83,705 81,523 97.4
原子力発電電力量 310 △440
新エネルギー発電電力量 88 93 105.7
他社受電電力量 36,821 34,839 94.6
揚水発電所の揚水用電力量 △1,063 △1,653 155.5
合計 134,641 127,724 94.9
出水率(%) 112.9 99.1

(注)

  1. 1.自社の発電電力量については、発電端電力量から送電端電力量へ変更している。
  2. 2.火力は、汽力と内燃力の合計である。
  3. 3.新エネルギー発電電力量は、汽力発電設備におけるバイオマスと新エネルギー等発電設備における太陽光による発電電力量である。
  4. 4.揚水発電所の揚水用電力量とは、貯水池運営のための揚水用に使用する電力量である。
  5. 5.平成27年度出水率は、昭和59年度から平成25年度までの30カ年平均に対する比である。平成28年度出水率は、昭和60年度から平成26年度までの30カ年平均に対する比である。
  6. 6.他社送受電電力量については、期末時点において未確定であるインバランス電力量は含めていない。
  7. 7.四捨五入の関係で、合計が一致しない場合がある。

平成29年3月期決算のより詳細な内容については決算短信でご案内しております。

詳しくはこちら

セグメントの業績

当社グループは、電気事業、ガス・その他エネルギー事業、情報通信事業を基礎としたセグメントから構成されており、それ以外に「その他」のセグメントとして区分しております。セグメント毎の当期の実績は以下のとおりになりました。

(単位:百万円)

  電気事業 ガス・その他
エネルギー事業
情報通信事業 その他
外部顧客への
売上高
平成27年度 2,795,781 104,245 174,842 171,037
平成28年度 2,556,591 93,220 185,660 175,864
増減 △239,189 △11,025 10,818 4,827
セグメント利益
(営業利益)
平成27年度 198,660 15,312 17,352 23,824
平成28年度 165,279 6,014 19,484 25,395
増減 △33,381 △9,298 2,131 1,571
電気事業
収入面では、販売電力量の減少や燃料費調整単価の低下などにより電灯電力料収入が減少したことなどから、売上高は前年度に比べて減収となりました。
一方、支出面では、徹底した経営効率化に努めたことに加え、燃料価格の下落や円高などにより火力燃料費が減少したことなどから、営業費用は減少しました。
ガス・その他エネルギー事業
ガスなどのエネルギー販売やユーティリティサービスなどを提案し、お客さまにとって最適なエネルギー・ソリューションを提供しております。
情報通信事業
関西一円に整備された光ファイバー網を活用し、お客さまのニーズに応じた幅広いメニューを取り揃え、家庭向け、企業向けに総合的な情報通信サービスを提供しております。
主力となるFTTHサービスにつきましては、近畿2府4県の90%を超えるエリアカバー率の強みを活かしながら、「光インターネット+光電話+光テレビ」の3つのサービスを「eo光」ブランドで提供しております。
その他
不動産・暮らし事業では、省エネルギーに配慮したマンションやビルの開発をはじめとする不動産関連サービスと、ホームセキュリティやヘルスケア・介護関連など、お客さまの安心・快適・便利な暮らしをサポートする暮らし関連サービスを提供しております。
また、電気事業をはじめ各事業の円滑かつ効率的な遂行をサポートするとともに、培った技術・ノウハウを活かしグループ外のお客さまへの販売を展開する会社などがあります。

より詳細なセグメントごとの業績については「セグメント別業績レビュー」ページでご案内しております。

詳しくはこちら

関連リンク