女性従業員のさらなる活躍に向けた取組み

組織に多様な感じ方や視点をもたらす重要な源泉の一つとして女性を取り上げ、仕事を通じた能力開発と自己成長による組織への継続的な貢献を促し、ライフステージが変化しても、意欲高く働き続けられるような環境整備に取り組んでいます。

自身が持つ可能性を過小評価せず最大限伸ばせるよう、また、ライフステージの変化に際しても、働きながら自己成長を続けるという意欲を持ち、積極的に仕事と家庭責任などの両立を図ることができるよう、様々な研修や取組みを実施しています。

女性活躍推進に関する目標値
<役職登用>
  • ・2020年度末までに、女性役職者比率を2013年度の倍以上とする。
<採用>
  • ・事務系採用における女性比率を40%以上とする。(2017年度実績45%)
  • ・技術系採用における女性比率を10%以上とする。(2017年度実績10%)

  • ・医務・運輸職員を除く
  • ・役職者は係長相当以上
主な活動
私の仕事塾

入社2~5年目の女性を対象とした早期のキャリア教育。キャリアを築きながら働き続けるための動機付けや、ライフステージの変化に備えての情報を提供。

私の仕事塾

プレママセミナー

育児休職取得予定者を対象として、復職タイミングや、仕事・育児の両立に向けた準備・ノウハウを伝達。さらに育児休職中に社内サイト等へアクセスできるよう、機器やパソコンを貸与。

私の仕事塾

キャリアストレッチセミナー

中堅層の女性対象。職場におけるリーダーシップの発揮を促し、キャリア意識の向上を図る。

キャリアストレッチセミナー

ウーマンズ・ワークショップ

40代から50代の女性を対象として、モチベーション向上やネットワーク作りを目的として実施。

ウーマンズ・ワークショップ

ランチタイム交流会
(ちが・ちかfe)

ランチタイムを利用して、社内の女性同士が気軽に交流できる機会を提供。

ちが・ちかfe

社内サイトでの
情報発信

ダイバーシティ推進社内サイト「ちが・ちかネット」(「ちがいは、ちから。」ネット)で、各所で活躍する女性ロールモデルを定期的に紹介したり、ライフステージごとの両立支援制度などを分かりやすく掲載。

キャリアストレッチセミナー

女性を部下に持つ役職者対象
部下育成力向上研修

キャリア意識やライフイベントが持つ影響度合いに男女差があることを理解し、それを踏まえた仕事の付与や能力開発、キャリア意識の向上が図れるよう、上司の部下育成力向上を図る。
(2016年9月に受講者数が1000名超)
さらに、フォローアップコミュニケーションを実施するなど、女性部下との関わり方を継続的に意識させている。

キャリアストレッチセミナー

経営層との懇談会

女性管理職と経営層向けの講演会や懇談の場を設け、意見交換をしている。

経営層との懇談会

技術系部門の女性交流会

女性技術者のネットワークを強化し、技術系女性が働きやすい職場環境の向上に向けて、経営層との意見交換の場を設け、
女性から出された意見や要望などを取組みに反映している。(女性仕様・サイズの作業服の導入など)

社外セミナーへの派遣や
他企業との交流会

社外交流の場を設け、ネットワーク作りや社外からの刺激を自己成長につなげることを促している。

ワークライフバランスを促進する観点から、時間生産性を意識した働き方や業務効率化を推進するとともに、時間制約(育児・介護等)の有無に関わらず、一人ひとりが持てる能力を最大限に発揮できるような「働き方」の実現を目指して、様々な両立支援制度を整えています。

  • 各種両立支援制度の整備
    産前産後休暇 産前6週間・産後8週間
    出産休暇 配偶者の出産時に5日間
    育児休職 対象となる子どもが満3歳となる年度末まで。開始から最大7日間を有給化
    (「おとんもとんねん!育休応援7D(セブンデイズ)」)
    早期復職支援メニュー 子が満12ヶ月未満で復職した場合に、保育等にかかる費用を支援
    (「おかえり♪働くおかん・おとん応援メニュー」)
    短時間勤務(育児) 対象となる子どもが小学校就学の始期まで
    ファミリーサポート在宅勤務 育児・介護を事由に、自宅での勤務が可能
    ファミリーサポート積立休暇 年次有給休暇のなかから積み立てた休暇を「配偶者や親族の看護や介護」「不妊治療のための通院」「学校行事への参加」などのために取得可
    子の看護休暇 小学校就業の始期に達するまでの子どもの看護や健康診断を受けさせる場合
    介護休職 原則3年以内または通算93日まで
    短時間勤務(介護) 本人が申請した期間(要介護状態にある期間)
    f-スタッフ制度 妊娠・出産・育児・介護・配偶者の転勤・不妊治療を理由に退職した方の再雇用制度

女性の育児休暇取得率出産休暇取得率(男性のみ)有給休暇取得率

(2016年度の数値)

男性本人に意識啓発を行うとともに、男性も育児・家事に参画しやすい職場環境づくりに努めています。

  • 育児休職開始から最大7日間を有給化。この制度を「おとんもとんねん!育休応援7D(セブンデイズ)」と称し、取得率90%以上を目標に、男性の育児休職の取得を積極的に推進
  • 社内ホームページでのイクメンロールモデルのインタビュー紹介や、男性から集めた「家事時短術」の紹介
  • イクメンランチ交流会「ちが・ちかfe イクメン版」の実施
  • 夫婦で参加する「ベストな共働きを考えるフォーラム」を他企業と合同開催 など

男性の育児や家事への参画支援男性の育児や家事への参画支援

女性活躍推進法に基づく評価「えるぼし」

女性活躍推進法に基づく認定マーク「えるぼし」(3段階目)

2016年9月30日付けで、厚生労働省大阪労働局より「えるぼし」の最高位(3段階目)の認定を受けました。「えるぼし」は、女性活躍推進法に基づき、女性の活躍推進に関する優れた取組みを行う企業に与えられるものです。

女性活躍推進法に基づく行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく評価「くるみん認定」

くるみん

2016年7月5日付で、厚生労働省大阪労働局より「くるみん認定」を受けました。
「くるみん認定」は、次世代育成支援対策推進法に基づき「一般事業主行動計画」を策定・達成し、かつ一定の基準を満たした企業が「子育てサポート企業」として厚生労働大臣から認定を受けるものです。この度の取得は、第3回行動計画(2013年4月1日から2016年5月31日)の取組みが認められたものです。

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

『大阪市女性活躍リーディングカンパニー』

女性活躍リーディングカンパニー 2014大阪市認証

2015(平成27)年3月30日に、女性が活躍し続けられる組織づくりや仕事と生活の両立支援等について積極的に推進する企業として、『大阪市女性活躍リーディングカンパニー』の認証を大阪市より取得しました。また、平成27年度の「大阪市女性活躍リーディングカンパニー市長表彰」の優秀賞を受賞しました。

「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」認証企業一覧ページ

当社の取組みは、平成27年3月30日認証の「認証番号49」に掲載されています。

表彰状受賞の様子

他にも、次世代を担う女性の育成や社外貢献の一環として、大学での講義、各種研究会への参加、社外フォーラム等にスピーカーとして登壇しています。

CSR