よくあるご質問

新エネルギーはどのような種類がありますか?

日本では、「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法施行令」の第1条において、下記の10種類が規定されています。

(1)バイオマス(動植物に由来する有機物)を原材料とする燃料製造

(2)バイオマス(動植物に由来する有機物)熱利用

(3)太陽熱利用

(4)河川水などを熱源とする温度差熱利用

(5)雪氷熱利用

(6)バイオマス(動植物に由来する有機物)発電

(7)地熱発電(バイナリー発電)

(8)風力発電

(9)水力発電(出力1,000kW以下)

(10)太陽光発電

 

 

関連リンク
  • 再生可能エネルギーへの取組み
  • 再生可能エネルギーの課題とは?
このページを保存する
このページを保存中です

回答は問題解決のお役にたちましたか?

  • ◎

    役に立った

  • ◯

    少し役に立った

  • ―

    どちらでもない

  • △

    あまり役に
    立たなかった

  • ×

    役に立たなかった

  • ※送信ボタンを押す前に必ずご確認ください。
     個人情報の記入はご遠慮ください。個別の返信を希望される方は、後段のお問い合わせをご利用下さい。
関連リンク