プレスリリース

プレスリリース検索
Loading
  • RSS

2016年10月20日
関西電力株式会社

タイ王国ロジャナ・パワー社におけるロジャナ工業団地内第三発電所の建設について

 当社が、平成15年3月から経営に参画しているタイ王国のロジャナ・パワー社(以下、ロジャナ社)は、現在、同国アユタヤ県のロジャナ工業団地内に所有する第一発電所(ガスコンバインドサイクル発電方式、出力31.6万kW)および第二発電所(ガスコンバインドサイクル発電方式、出力10.5万kW)で発電した電力の一部(18万kW)を、タイ電力公社(以下、EGAT)に卸販売するとともに、同工業団地内の企業に残りの電力と蒸気を販売しています。

平成15年2月26日平成21年11月16日平成25年10月21日お知らせ済]

 その後、より一層の収益向上の観点から、第三発電所(ガスコンバインドサイクル発電方式、出力10.5万kW)の建設工事を平成27年10月から行っており、この度、平成29年6月頃には建設工事の竣工および商業運転の開始する目処が立ちましたのでお知らせいたします。

 なお、第三発電所の建設にあたっては、第一発電所の蒸気タービンおよび熱回収ボイラの一部を第三発電所へ移設することから、第一発電所の出力は、26.4万kWとなります。よって、竣工後は第一発電所、第二発電所、第三発電所を合わせて、47.4万kWの電気を供給することが可能となり、このうち27万kWはEGATを通じてタイ国内向けの電力需要に、残りはロジャナ工業団地の企業向けに供給することを予定しております。

 当社は、これまで培ってきた発電所の運転・保守に関する技術ノウハウを活用することにより、日本企業が多く進出するロジャナ工業団地の生産活動を、電力と蒸気の安定供給によって支えることで、洪水被害から立ち直り、新たな成長を目指すタイの経済発展に貢献してまいります。

以 上