よくあるご質問

原子力発電所の耐用年数は40年なのですか?

原子力発電所が建設された当時、「30年を経過した際には検査をして10年ずつ延長運転する」と定められましたが、福島第一原子力発電所事故の後に改正された法律によって、運転できる期間は運転開始から40年と規定されました。ただし、原子力規制委員会の認可を受ければ、運転期間を20年を超えない期間で、1回に限り延長できます。

この40年という期間は、原子力プラントの寿命や耐用年数ではありません。運転期間日常的な点検を行うとともに、計画的な機器の取替え、必要な点検の実施など、適切な保守管理を実施し、さらに、常に最新の技術基準を取り入れるバックフィット制度の導入により、長期間運転継続した原子力プラントでも高い安全性が確保されると考えられます。

また諸外国においても、多くは法的な寿命制限を設けていません。例えばアメリカでは、運転認可期間40年満了後、更新認可できる制度(10CFR Part54)があり、2014年12月末時点で、9割以上のプラントが60年の運転更新認可を申請済みです。

さらに詳しくは「高経年化に関するFAQ」をご覧ください。

このページを保存する
このページを保存中です

回答は問題解決のお役にたちましたか?

  • ◎

    役に立った

  • ◯

    少し役に立った

  • ―

    どちらでもない

  • △

    あまり役に
    立たなかった

  • ×

    役に立たなかった

  • ※送信ボタンを押す前に必ずご確認ください。
     個人情報の記入はご遠慮ください。個別の返信を希望される方は、後段のお問い合わせをご利用下さい。
関連リンク