プレスリリース

プレスリリース検索
Loading
  • RSS

2017年1月31日
関西電力株式会社

「働き方」改革・健康経営の今後の具体的な取組みについて

 当社は、「働き方」改革や健康経営に関する国の動向を踏まえ、今後、「働き方」改革のさらなる展開と健康経営の一体的推進によって、従業員の心身の健康を増進し、会社と従業員のさらなる成長につなげるため、平成29年1月20日、社長を委員長とする「『働き方』改革・健康経営委員会」を設置し、第一回会合を開催しました。

 会合では、メリハリをつけた「働き方」や、仕事を抜本的に減らすための方策、経営層からの継続的なメッセージの発信による意識改革について議論し、加えて、天満および敦賀労働基準監督署から受けた適正な労働時間管理についての是正勧告と指導を踏まえた対応についても検討し、対策を取りまとめ、本日、それぞれの労働基準監督署に報告しました。

 今回の是正勧告および指導を真摯に受け止め、「労働時間の適正な把握」、「長時間労働の解消」、「健康管理・メンタルヘルス対策の充実」、とりわけ、健康障害防止の観点から長時間労働は"させない"ということを、確実に実施してまいります。

 当社としては、今後も引き続き、「働き方」改革と健康経営に不退転の決意で取り組み、「人を大切にする経営」を実践し、従業員が健康で、活き活きと活躍できる職場環境を実現してまいります。

 そして、従業員の生産性やモチベーションを最大限に高め、従業員一人ひとりが「power with heart」の想いを持って、お客さまと社会のお役に立ち続けられるよう、全社一丸となって取り組んでまいる所存です。