電気の安全・安定供給stable supply

停電の原因と復旧のしくみ

<停電の原因>

<停電復旧のしくみ>

弊社設備への樹木や鳥獣等の接触(鳥の営巣による電線の接触事故の例)

発生が多い時期|春から夏にかけて

カラスが電柱に巣を作ると、木の枝や針金などが電線に接触して、停電となることがあります。

弊社設備への樹木や鳥獣等の接触

風や雨、自然災害の影響(台風や洪水による断線や電柱の倒壊の例)

発生が多い時期|夏から秋にかけて

樹木の倒壊や山崩れ等により電線が切れたり、電柱が倒壊することで停電が発生します。
特に台風発生時には、トタンや看板、養生シート、テレビのアンテナ等が強風で飛散し、電柱や電線に接触することで電力設備が被害を受け、停電が発生することがあります。大雨が降る前、風が強くなる前に、しっかり固定するなど早めの対策をお願いいたします。

また、折れた電柱や切れて垂れ下がった電線は感電事故を発生させる可能性があり、非常に危険ですので、絶対に近づかないで下さい。

風や雨の影響

雷の影響(落雷による設備破損の例)

発生が多い時期|夏

碍子(がいし)という、電線を大地と絶縁するための設備が破損することで、停電が発生します。

雷の影響

雪の影響(雪による樹木倒壊の例)

発生が多い時期|冬

雪の重みで樹木が倒壊し、電線に接触することで停電が発生します。

雪の影響

停電の早期発見と迅速な復旧に向けて

関西電力では、停電した場合にも一刻も早く電気をお届けするために、「配電自動化システム」を導入しています。「配電自動化システム」とは、停電の原因区間を自動的に検出し、故障区間以外へ自動的に電気を送る仕組みです。

このシステムによって停電の原因となっている区間を特定した後、作業員が出向いて事故原因を調査の上復旧作業を行い、正常な状態に戻します。

停電を起こさないために

関西電力では、日々の巡視パトロールにより、配電線の異常や損傷の早期発見に努めるとともに、メンテナンス結果に基づく計画的な配電設備の更新により、設備トラブルが原因となる停電の未然防止に務めています。

関西電力はこれからも、お客さまの暮らしに明かりを灯すという大切なライフラインを預かる企業として、使命感をもって支え続けてまいります。

電気の復旧作業の流れ

上記のような被害が発生した場合は、以下の手順で電気を復旧していきます。

  1. 被害状況調査・確認
  2. 保安措置
  3. ①電柱の復旧

  4. ②高圧配電線の復旧

  5. ③変圧器の復旧

  6. ④引込線の復旧

順次、停電範囲を小さくしながら、電気の復旧を進めていきます。

このような状態を発見された場合は、下記の送配電ダイヤルまでご連絡ください。

当社の電気設備に関する連絡・お問合せ先
送配電ダイヤル
TEL.0800-777-3081ソーハイ(通話料無料)

電気の安全・安定供給TOP