よくあるご質問

発電所で働く人たちの安全意識はどうなっていますか?

当社では従来より、機械や人を過信せず、「機械は故障し、人はミスを犯す」という考えを前提に、故障やミス防止に対する取り組みを実施してまいりましたが、福島第一原子力発電所事故の発生を踏まえ、原子力発電固有のリスクに対する認識や向き合う姿勢が十分ではなかったのではないかということを教訓として学びました。

<福島第一原子力発電所事故の発生を踏まえた反省と教訓>
・発生確率が極めて小さいとして、シビアアクシデントへの取組みが不十分だったのではないか
・法令要求を超えて、安全性を自ら向上させるという意識が低かったのではないか
・世界の安全性向上活動に学び、改善していくという取組みが不足していたのではないか

安全性向上に向けた自主的かつ継続的な取組みのさらなる充実を進めていくと共に、この教訓を社員全員に共有し、あらゆる場面で実践しています。

詳しくは「原子力発電の安全性向上への決意」をご覧ください。

このページを保存する
このページを保存中です

回答は問題解決のお役にたちましたか?

  • ◎

    役に立った

  • ◯

    少し役に立った

  • ―

    どちらでもない

  • △

    あまり役に
    立たなかった

  • ×

    役に立たなかった

  • ※送信ボタンを押す前に必ずご確認ください。
     個人情報の記入はご遠慮ください。個別の返信を希望される方は、後段のお問い合わせをご利用下さい。
関連リンク