よくあるご質問

避難計画はどうなっていますか?

福島第一原子力発電所事故を契機に、防災体制の重要性が再認識されました。現在では、内閣府原子力防災担当によって、発電所周辺自治体の避難計画策定支援が行われています。

関西電力では、万が一、外部への放射性物質の異常な放出を伴うような原子力災害が発生した場合、周辺地域の皆さまへの放射線の影響を緩和するため、国や地方自治体と連携した対応を行います。具体的には、災害の拡大防止や災害時における関係各所への速やかな情報連絡など、原子力災害時に必要な業務を定めた「原子力事業者防災業務計画」を策定しています。今後も、自治体との協議を行った上で、都度計画を見直し、内容の充実を図るなど、原子力防災対策に万全を期してまいります。

詳しくは「原子力防災と避難計画」をご覧ください。

このページを保存する
このページを保存中です

回答は問題解決のお役にたちましたか?

  • ◎

    役に立った

  • ◯

    少し役に立った

  • ―

    どちらでもない

  • △

    あまり役に
    立たなかった

  • ×

    役に立たなかった

  • ※送信ボタンを押す前に必ずご確認ください。
     個人情報の記入はご遠慮ください。個別の返信を希望される方は、後段のお問い合わせをご利用下さい。
関連リンク