資材調達情報

標準的な契約手続きの流れ

1.事前手続き

事前手続き

(1)取引の申込み
当社との取引を希望される場合は、まず本店調達本部にお申し出下さい。その場合は、貴社の会社案内や経営資料、製品カタログ、技術資料などにより、貴社の製品内容及び供給体制を説明してください。それらが、当社の調達の基本方針に照らして十分な利点を有していること、及び貴社との取引が当社にとって利益になることを、説明していただくことが重要です。

(2)登録手続
取引を希望される品目が、電力設備の形成に関わる品目および、当社が恒常的に購入している品目の場合、当社は、取引の申込にもとづいて審査を行ない、適格と認められた場合には、貴社を取引可能先として登録します。
また、登録の対象以外の品目については、当該製品の審査を行ない、当社にとって十分有益であると評価した場合、貴社の製品に関する情報は、取引先情報に追加されます。
取引申込書の様式その他申請の具体的手続、審査方法等については、「登録手続案内」で説明してありますので、ご希望の方は相談窓口へお申し出下さい。

2.具体的な契約手続き

具体的な契約手続き

(1)契約請求
調達する資機材の規格・仕様や数量、納期等については、それらを使用する部門が決定します。調達部門は、それらの部門からの契約請求に基づいて調達活動を開始します。

(2)見積依頼先の選定
取引先登録対象品目の場合、調達部門は前記1-(2)の手続により登録された登録先の中から見積依頼先を選定します。登録対象以外の場合は、実績のある取引先および1-(2)により当社にとって十分有益であると評価して追加した取引先情報を活用して選定します。
選定は、安全性、品質・技術力、環境への配慮、当社との信頼関係、価格、納工期の確実性、保守・管理の実施状況、アフターサービス、事故・不具合への対応状況などに基づき、経済的合理性を追求し社会合理性にも配慮しながら公平・公正に行います。
なお、見積依頼は、複数の取引先による競争見積によることを原則としますが、特許権、実用新案、既設設備との整合性等の理由により、特定の取引先に依頼しなければならない場合、またはそうすることが当社にとって有利な場合には、特定の取引先に特命します。

(3)見積依頼および見積書の提出
選定された取引先に対しては、原則として、当社の要求品質等を記載した仕様書を添えて、文書により、見積書および見積仕様書の提出を依頼しますので、指定期限までに提出して下さい。
なお、特定のものについては、見積仕様書が次の(4)に述べる技術検討に合格した後に、見積書を提出していただく場合があります。

(4)技術検討
提出いただいた見積仕様書については、使用部門が、当社の要求する仕様を満たしているかどうかを検討しますので、これに合格することが必要です。その際、当社は見積仕様書の内容に追加、修正の要求を出すことがあります。

(5)契約交渉
提出された有効な見積のうち、総額最低価格の見積者と、契約金額・その他の条件について交渉します。なお契約条件については、当社が提示する条項に基づき交渉を行ない、双方合意の上決定します。

(6)契約締結
契約の内容は文書により取り交わします。

(7)納入、検査
契約上の納期は厳守していただきます。なお、細部の工程については、使用部門との間で、調整されます。納入された資機材については、使用部門による検査を受けて、これに合格しなければなりません。 なお重要なものについては、製作過程において中間検査を行なうものもあります。

(8)代金支払
代金は、契約に基づく支払条件に従って遅滞なく支払います。

3.注意

(1)配電用品のような大量反復品の一部には、製品の品質確保と納入時検査の簡略化のために、製品の技術検討に加えて、工場における製造工程・品質管理体 制等の審査にうけ、承認(「形式承認」という。)を必要とするものがあります。これらの品目の取引先としての登録には、この形式承認が条件となります。

(2)電力の供給に重大な影響を及ぼすような資機材については、契約条件に基づき、納期遅延に対し、延滞料を徴収し、また損害賠償を請求する場合があります。

(3)登録された取引先の方は、見積依頼、契約に関する情報について、一定の範囲で、調達本部窓口でご覧になれます。

(4)契約に関して紛争が生じた場合、日本法により解釈され処理されることとします。

関連リンク

企業情報