プレスリリースRSS

2018年8月13日
関西電力株式会社

英国洋上風力発電事業への参画について

 当社は、英国における洋上風力発電所の建設および運営を目的として、ドイツの大手電力会社であるイノジーSE社の子会社「イノジー・リニューアブルズ・ユーケー・リミテッド社」が100%出資する「トライトンノール洋上風力発電事業会社※1」(以下、「トライトンノール社」)の株式16%を、当社子会社である「ケーピック・ネザーランド社※2」を通じて取得することとし、このたび株式売買契約を締結しました。

 トライトンノール社は、今後、英国東海岸の北海洋上に大型洋上風力発電機を90機(総発電容量約86万kW)設置し、2021年に運転を開始※3する予定です。

 本件は、日本の電力会社が海外洋上風力発電事業に参画する初のプロジェクトで、これにより海外事業における当社の持分容量は合計271.2万kW※4となります。

 欧州においては、脱炭素化を目的に、再生可能エネルギーに対する固定価格買取制度等の助成措置が整備され、その電源開発が進んでいます。当社は、引き続き欧州における再生可能エネルギー事業の拡大を目指すとともに、得られた知見を国内電気事業にフィードバックすることで、国内においても低炭素社会の実現に積極的に貢献してまいります。

 また、中期経営計画に掲げたように、海外事業を当社グループの重要な収益の柱とするため、これまでに培った技術力や経験を活用しながら、欧州以外の地域についても、積極的に海外電力事業の拡大に取り組み、飛躍的な成長を目指してまいります。

※1
トライトンノール洋上風力発電所を建設および運営する特定目的会社
※2
当社100%出資のオランダ法人の子会社
※3
2022年より商業運転を開始する予定
※4
商業運転前の参画案件を含んだ値

以 上

OSAKA-KANSAI JAPAN EXPO2025