プレスリリースRSS

2018年8月1日
関西電力株式会社

デジタルトランスフォーメーションの加速に向けた新会社「K4 Digital株式会社」の設立について

 当社は、デジタル技術※1を活用した、当社グループの業務変革や新規事業の創出を目的に、アクセンチュア株式会社と共同で、K4(ケイフォー) Digital(デジタル)株式会社」を設立することとし、本日、法務局に登記申請を行いました。

 当社は、これまでもデジタル技術を積極的に活用し、スマートメーターから取得した電気使用量に基づく「太陽光発電出力の予測精度向上」や「配電設備形成の最適化」などの取組みを推進してきました。

 さらに、本年6月には、デジタル技術活用の取組みを加速させるため、社長を委員長とするデジタルトランスフォーメーション※2(以下、DXという)戦略委員会※3を立ち上げ、エネルギー事業におけるDX戦略策定、事業変革、新規事業の創出の加速を進めております。

 今回設立するK4 Digital株式会社では、当社が保有する電力設備に関する運用ノウハウや蓄積データに、アクセンチュア株式会社が保有する豊富な最新デジタル技術の知見を掛け合わせることにより、「設備関連業務の効率化・高度化」、「顧客接点業務の効率化・高度化」、「オフィス業務の自動化・効率化」などの当社事業の業務変革や、新規事業の創出に取り組みます。

 当社は、K4 Digital株式会社設立を契機にデジタル化を加速させ、エネルギー分野における日本のリーディングカンパニーとなることができるよう「power with heart」の想いで、全力で取り組んでまいります。

  • ※1:データ収集するIoT技術、収集したデータを蓄積・分析するアナリティクス技術、AI等の新技術
  • ※2:企業が既存概念から脱却し、デジタル技術を利用して新たな価値を創出すること。そして、その価値を用いて新たなサービスやビジネスを提供し、競争優位性を確保すること。
  • ※3:社長を委員長とし、経営企画室、IT戦略室、研究開発室、営業本部を中心に社内のデジタル化の取組みを統括する委員会

以 上

OSAKA-KANSAI JAPAN EXPO2025