プレスリリースRSS

2018年7月4日
関西電力株式会社

(コメント)大飯発電所3、4号機運転差止控訴審の判決について

 本日、名古屋高等裁判所金沢支部において、一審判決を取り消し、原告の大飯発電所3、4号機の運転差止請求を棄却する判決が出されました。

 当社は、平成26年5月に名古屋高等裁判所金沢支部へ控訴して以降、大飯発電所3、4号機運転差止請求にかかる一審判決が合理性を欠くことを指摘するとともに、大飯発電所3、4号機の安全性が確保されていることについて、科学的・専門技術的知見に基づき、改めて丁寧な説明を行ってまいりました。

 本日の判決は、こうした説明により、大飯発電所3、4号機の安全性が確保されていることについて、裁判所にご理解いただいた結果であると考えております。

 当社としては、引き続き、安全性・信頼性の向上に努め、今後も立地地域をはじめ、社会の皆さまのご理解を賜りながら、大飯発電所3、4号機の運転を継続してまいります。

以 上

OSAKA-KANSAI JAPAN EXPO2025

関連するサイト・コンテンツ