プレスリリースRSS

2018年5月24日
関西電力株式会社

個人情報を含む廃棄書類の運搬中の飛散について

 当社は、平成30年5月23日、和歌山電力部(和歌山県和歌山市)で書類整理の際に発生した廃棄書類を、兵庫県神戸市内にある溶解処理施設に向けて委託先のトラックにより運搬しておりましたが、その際、個人情報を含む書類が飛散し、一部を紛失した可能性があることが分かりました。

 関係する皆様には、多大なご迷惑とご心配をおかけすることとなり、心よりお詫び申し上げます。

 当社では、飛散した書類の捜索を行い、現在までにほぼ回収できたものと考えております。

 当社としましては、個人情報を含む書類の適正な管理に努めてきたにも関わらず、今回の事態が発生したことを重く受け止め、再発防止に万全を期してまいります。

1.経緯および原因について
 5月23日10時30分頃、廃棄する書類を積んだ委託先のトラックが和歌山電力部を出発し、12時頃、神戸市にある溶解処理施設に到着しておりましたが、15時30分頃、兵庫県警から当社に、兵庫県西宮市甲子園浜1丁目付近において阪神高速道路湾岸線路上に当社の書類が飛散しており、回収したとの連絡があり、事態が判明いたしました。
 その後、当社社員が現場付近の捜索を行い、阪神高速道路外に飛散した書類の回収を行いました。また、トラックの運行経路を辿って確認しましたが、他の地点で書類が飛散した形跡は発見されませんでした。
 今回の事態の原因につきましては、トラックの荷台に飛散防止用の(ほろ)が確実に装着されていなかったことに、出発前の確認で気付くことができず、書類が入った箱の一部が走行中に落下したものと推測しております。
2.回収した書類について
 回収された書類は、いずれも和歌山電力部が保有していた台帳類や工事書類等ですが、阪神高速道路上で回収されたもの、高速道路外に飛散したものを合わせて347点の書類を回収し、その中に352名の個人情報が含まれていました。
3.再発防止対策
 トラックの出発前に飛散防止策が確実に講じられていることを確認する手順を社内のマニュアルに明記し、徹底を図ります。また、トラックで運搬する際の物理的な飛散防止対策の強化を検討いたします。
 あわせて、委託先に対する注意喚起、意識啓発等を引き続き徹底してまいります。
4.本件に関するお客さまのお問合せ先
 関西電力株式会社 総務室総務センター
 TEL:0800-123-0171(本件専用フリーコール)
 (受付時間:平日9時~17時)※5/24は20時まで受付

以 上