プレスリリースRSS

2018年4月27日
関西電力株式会社

取締役および執行役員に対する株式報酬制度の導入について

 当社は、本日開催の取締役会において、当社の取締役(社外取締役および国内非居住者である者を除きます。)および執行役員(国内非居住者である者を除きます。取締役と併せて以下「取締役等」といいます。)を対象とした株式報酬制度(以下「本制度」といいます。)を導入することを決議し、本制度の導入に関する議案を平成30年6月27日開催予定の第94回定時株主総会(以下「本株主総会」といいます。)に付議することといたしましたので、下記の通りお知らせします。

1.本制度の導入について
  • (1)当社は、取締役等を対象に、当社グループの中長期的な企業業績向上と企業価値増大への貢献意識を高めることを目的として本制度を導入いたします。
  • (2)本制度の導入にあたっては、本株主総会において承認を得ることを条件とします。
  • (3)本制度を導入するにあたっては、役員報酬BIP(Board Incentive Plan)信託(以下「本信託」といいます。)と称される仕組みを採用します。本制度は、取締役等の役位に応じて当社株式および当社株式の換価処分金相当額の金銭(以下「当社株式等」といいます。)を取締役等に交付および給付(以下「交付等」といいます。)する株式報酬制度です。
  • ※1当社は、取締役の報酬の決定に際し、取締役の報酬等に関する客観性・透明性の向上を目的として、独立社外取締役が過半数を占める人事・報酬等諮問委員会を設置し、同委員会の適切な関与・助言を得たうえで取締役会において決定しております。
  • ※2本制度が導入された場合には、当社の取締役の報酬は、各取締役の地位等に応じて求められる職責などを勘案した「基本報酬」、社外取締役を除く取締役を対象とした「業績連動報酬」および「株式報酬」により構成されます。