プレスリリースRSS

2017年11月21日
株式会社ニュージェック
関西電力株式会社

ミャンマー連邦共和国「全国基幹送変電設備整備事業に係るコンサルタント業務」の受託について

 株式会社ニュージェック(以下「ニュージェック」)および関西電力株式会社(以下「関西電力」)は、このたび、ミャンマー連邦共和国・ネーピードーにて、同国電力エネルギー省から「全国基幹送変電設備整備事業に係るコンサルタント業務」を受託し、契約を締結しました。

 近年ミャンマー連邦共和国では、急速な経済成長およびそれに伴う電化率向上により、電力需要は今後も拡大していくと予想されており、電力を安定的に供給するためには、基幹送電系統および変電所の整備が喫緊の課題となっております。本プロジェクトは、バゴー地域およびヤンゴン地域を結ぶ500kVの基幹送電線と、関連する2ヶ所の変電所を新設することによって、需要の高い南部ヤンゴンへの送電容量増加に対応し、電力供給の信頼度を向上する目的で実施されます。

 ニュージェックおよび関西電力は、平成29年12月から平成34年8月の約56ヶ月間にわたり、2社の社員を現地へ派遣し、送変電設備の増強のための基本・詳細設計、入札図書の作成・入札審査、契約交渉補助、施工監理等を実施します。

 本事業において、両社の知見と技術力を活かし、ミャンマー連邦共和国内の安定供給の実現を通じて、同国の今後の発展に貢献していきます。

以 上